メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

CONNECT・つなぐ

支えを生かす/中 「助けたい」が原動力 東京五輪・パラに応募 視覚障害者もボランティア

東京パラリンピック関連イベントでボランティアをする秋吉桃果さん(中央)=日本財団パラリンピックサポートセンター提供

 駒沢オリンピック公園陸上競技場(東京都世田谷区)で3月24日、障害者と健常者がたすきをつなぐ「パラ駅伝 in TOKYO 2019」が行われた。全盲の筑波大理療科教員養成施設1年、村松芳容(よしひろ)さん(28)はメインゲートで応援グッズを配るボランティアをした。

 来場者は1万7500人もおり、次々にゲートを通過した。健常者のボランティアとともにグッズを配り終えた村松さんは「『ありがとう。がんばってね』と言ってくださる人たちもいた。やって良かったと思った」と笑顔を見せた。

 2012年のロンドン五輪・パラリンピックではボランティアの4%が障害者とされたが、視覚障害者の参加…

この記事は有料記事です。

残り687文字(全文976文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  2. 同級生に一方的恨みか 交友でトラブル 名前使って110番 拳銃強奪
  3. 「古瀬がんばれ!!」五郎丸選手が佐賀工ラグビー部後輩の巡査に励ましメッセージ 交番襲撃
  4. 刺された古瀬巡査、高校時代はラガーマン 佐賀工ウイングで花園出場も 交番襲撃
  5. 大阪の警官襲撃・拳銃強奪 33歳男逮捕 防犯カメラ、8キロ追跡 山中、リュック枕に

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです