メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外森保J、無念のドローで決勝T逃す 久保弾は幻に
CONNECT・つなぐ

支えを生かす/中 「助けたい」が原動力 東京五輪・パラに応募 視覚障害者もボランティア

東京パラリンピック関連イベントでボランティアをする秋吉桃果さん(中央)=日本財団パラリンピックサポートセンター提供

 駒沢オリンピック公園陸上競技場(東京都世田谷区)で3月24日、障害者と健常者がたすきをつなぐ「パラ駅伝 in TOKYO 2019」が行われた。全盲の筑波大理療科教員養成施設1年、村松芳容(よしひろ)さん(28)はメインゲートで応援グッズを配るボランティアをした。

 来場者は1万7500人もおり、次々にゲートを通過した。健常者のボランティアとともにグッズを配り終えた村松さんは「『ありがとう。がんばってね』と言ってくださる人たちもいた。やって良かったと思った」と笑顔を見せた。

 2012年のロンドン五輪・パラリンピックではボランティアの4%が障害者とされたが、視覚障害者の参加…

この記事は有料記事です。

残り687文字(全文976文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  2. 男性2人刺され死亡 逃げた男を警察が確保 名古屋
  3. 博多駅前に倒れている女性、搬送先病院で死亡確認 マンションから転落か
  4. 芸能界と反社会的勢力 根深い関係、どう断ち切る 吉本「闇営業」問題
  5. 「イージス引き受けないのは非国民との批判、県内外から」秋田の佐竹知事が明らかに

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです