メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

CONNECT・つなぐ

支えを生かす/下 多様性、自ら発信 パラに向け、共に挑む 障害持つリポーター

5人制サッカー日本代表の川村怜選手(左)を取材するNHKの障害者リポーターの三上大進さん=丸山博撮影

 生まれつき指の一部がない左手にノートを乗せ右手でペンを握る。「さっきお母さんに会ったよ。話しかけちゃった」。楽しそうに話を切り出し、選手に取材する三上大進(だいしん)さん(28)は、NHKの障害者リポーターだ。

 真冬並みの寒気に見舞われた3月下旬、東京都内で開かれた視覚障害者を中心とする5人制サッカー(ブラインドサッカー)の国際大会。日本代表の川村怜選手(30)と談笑する姿は、充実感に満ちていた。

 東京都出身の三上さんは大学卒業後、化粧品メーカーで働いていた。「僕の障害は目で見て分かることもあり…

この記事は有料記事です。

残り778文字(全文1029文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 交番襲撃 防犯カメラに映った男の画像を公開
  2. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 
  3. 交番で警官刺され拳銃奪われる 防犯カメラに映った男の画像公開
  4. 交番襲撃 包丁刺さったまま身よじらせ 近隣住民「早く捕まって」
  5. 札幌・死亡の2歳女児、やせ細り濃いあざ 「ママー」の泣き声も 児相「48時間ルール」守らず

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです