メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

競歩・鈴木が50キロで日本選手権初V 「お試し」のつもりで日本記録更新

日本記録を更新し、右拳を突き上げてフィニッシュする鈴木雄介=石川県輪島市で2019年4月14日午前11時7分、小林悠太撮影

 陸上の世界選手権ドーハ大会(9~10月)の代表選考会を兼ねた日本選手権50キロ競歩が14日、石川県輪島市で行われ、男子は20キロ競歩世界記録保持者の鈴木雄介(富士通)が従来の日本記録を40秒更新する3時間39分7秒で初優勝を果たした。3時間45分0秒の派遣設定記録を上回り、代表内定条件を満たした。

日本新記録で日本選手権男子50キロ競歩初優勝を果たし、笑顔の鈴木雄介=石川県輪島市で2019年4月14日午前11時18分、小林悠太撮影

 故障を乗り越えた鈴木が新境地で再び頂点に立った。初めて50キロに本格的に挑戦して、日本記録。2020年東京五輪を見据えた転向が実った鈴木は「自分の中に50キロの才能もあった。手応えを感じた」と満足げに話した。

 15年3月に20キロ競歩の世界記録を出して脚光を浴びた鈴木だが、直後に恥骨炎を発症した。途中棄権した同年8月の世界選手権以降、実戦から2年9カ月遠ざかった。その間に日本の20キロ競歩のレベルは上がった。20キロの世界選手権代表を目指した3月の能美大会は、序盤からハイペースで飛ばす得意の作戦を取ったが、若手を引き離せずに逆転されて4位に終わった。

 能美大会直後、プライドを捨て「20キロは層が厚い。50キロの方が五輪代表を狙える」と、今大会への出場を急きょ決めた。今秋以降の五輪代表選考会へ向け、50キロの「お試し」のつもりだったが、以前から将来的な50キロ転向に備えて練習で長い距離を歩いていたことが奏功。後半も速度を維持して39キロ手前で単独トップに立ち、逃げ切った。

 世界選手権ドーハ大会は深夜の高温多湿という環境下で行われる。代表の内定条件はクリアしたが「東京五輪の金メダルが第一。体にダメージが残るため、回避も考える」と辞退を示唆し、周囲を驚かせた。「復活?」と問われても「まだまだ。世界で金メダルを取ったら完全復活と言える」。鈴木らしい強気な発言も戻ってきた。【小林悠太】

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走現場に花束「人ごとと思えぬ」「いずれ免許返納する」
  4. 池袋事故 87歳運転の車は150m暴走 自転車の母娘死亡
  5. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです