メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊東京五輪

Promises・2020への約束 対談 射撃・松田知幸×アーチェリー・古川高晴

アーチェリーの古川(左)と射撃の松田

狙う瞬間ゾーンに 射撃・松田知幸×アーチェリー・古川高晴

 2020年東京五輪・パラリンピックで活躍が期待される選手たちが競技の枠を超えて語り合う「Promises 2020への約束」。今回は射撃とアーチェリーの第一人者が対談した。世界選手権優勝の経験がある射撃の松田知幸(43)=神奈川県警=とロンドン五輪アーチェリー男子個人銀メダルの古川高晴(34)=近大職。どうすれば遠く離れた的を正確無比に撃ち、射抜くことができるのか。対談は熱を帯び、ターゲット競技の奥深さを感じさせた。【構成・田原和宏、松本晃、写真・内藤絵美】

この記事は有料記事です。

残り2377文字(全文2637文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走現場に花束「人ごとと思えぬ」「いずれ免許返納する」
  4. 池袋事故 87歳運転の車は150m暴走 自転車の母娘死亡
  5. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです