メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪

セーリング会場 津波避難「まるで登山」 数千人移動は困難

 2020年東京五輪セーリング会場に当たる湘南港(神奈川県藤沢市江の島)が、大地震で津波が発生すると避難が困難である問題で、東京五輪・パラリンピック組織委員会は観客ら5700人について「避難は可能」とする。しかし現地を歩いた専門家は地形などから「全員が避難するのは無理」と指摘した。【後藤逸郎】

 津波は水深30センチから死者が出始め、1メートルで死亡率100%とされる。毎日新聞が入手した「大正型関東地震」(30年以内の発生確率ほぼ0~6%、マグニチュード8・2)に関する神奈川県のシミュレーションデータによると、発生約6分後に観客の立ち入る可能性があるエリアが30センチになり始め、約8分で大半が1メートルになることが既に分かっている。

 幼児や傷病者など災害弱者の事情に詳しく「津波避難学」の著書もある愛知県立大学の清水宣明教授が、記者…

この記事は有料記事です。

残り639文字(全文1008文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 15歳美少女4人組「@ onefive」“正体”判明 顔見せビジュアル&MV一斉公開

  2. ニュージーランド3大会連続の準決勝進出 アイルランドに圧勝

  3. プロ野球ドラフト 県内の4人指名 喜びあふれ /三重

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 維新、2特別区で本庁舎位置変更検討 24日法定協で提案 大阪都構想

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです