メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪

セーリング会場 地震5分後浸水1メートル 組織委想定より厳しく 神奈川県データ

 2020年東京五輪のセーリング競技会場となる神奈川県藤沢市江の島の「湘南港」を巡り、地震発生から約5分後、会場の大半が津波により水深1メートルに達するシミュレーションデータがあることが明らかになった。これまで判明していたのは別の想定地震に伴うデータで、浸水は約6~8分後だった。より厳しい想定に専門家は「対策が必要」と指摘する。

 新たに判明したのは、神奈川県が津波対策として想定する9の地震のうち、最大波高の津波が最短時間で到達…

この記事は有料記事です。

残り947文字(全文1162文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  2. 目黒虐待死 懲役18年求刑された父、涙で「本当に本当にごめんなさい」

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 家も畑も「本当に無くなっちゃった」 「次はすぐ逃げる」 住民ぼうぜん 堤防決壊の千曲川

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです