メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪・パラリンピック

官庁、テレワーク試行 混雑緩和試み 今夏に2万人

 2020年東京五輪・パラリンピック期間中の交通混雑緩和に向け、政府は17日、最大2万人規模の職員で開幕1年前となる今夏にテレワークや時差出勤などを試行すると発表した。交通量を抑制、分散する交通需要マネジメント(TDM)に国が率先して取り組む姿勢を示し、経済団体や企業にも協力を呼びかける。

 五輪本番を想定し、試行期間は7月22日~8月2日に設定。土日を除く10日間で対策に取り組む。対象は、大会中に混雑が予想される首都圏中央連絡自動車道(圏央道)の内側にある官庁の職員。緊急管理や窓口業務の部署をのぞき、鉄道のピーク時(午前7時45分~9時45分)を避けるため、…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. バーガーキング大量閉店も「撤退の予定ありません」 新たな20店舗はどこに?
  2. ポルシェで時速200キロ 芦屋の医師を危険運転致死容疑で追送検
  3. 都公安委 吉沢ひとみ被告の免許取り消し
  4. 40年間以上無免許運転の男逮捕 「面倒くさくてお金もないので」と更新せず
  5. 大阪女児不明 友梨さんの父が手記公表「些細な情報でも」

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです