メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪・パラリンピック

新座市、ブラジル人を任用 県内初の交流員 /埼玉

市職員と談笑するグスタボ・ラモスさん(中央)=埼玉県新座市役所で

 2020年東京五輪・パラリンピックでブラジルのホストタウンに登録されている新座市は17日、取り組みをさらに強化しようとブラジル人のグスタボ・ラモスさん(29)を国際交流員として任用した。同五輪の交流員の任用は県内自治体で初めて。

 ラモスさんは一橋大に留学経験があり、好きな日本音楽の歌詞を理解するために日本語を学んだという。母国語のポルトガル語のほか英語やスペイン語にも精…

この記事は有料記事です。

残り282文字(全文469文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪・吹田の拳銃強奪 飯森容疑者の父が関西テレビ常務を退任
  2. この世界の片隅に NHKで8月3日に地上波初放送 特番「#あちこちのすずさん」も
  3. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  4. 井岡、日本選手初の4階級制覇 WBOスーパーフライ級王者に
  5. オアシスのとんぼ なぜ嫌韓は高齢者に多いのだろうか

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです