メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アクセス

大迫 強力な「発信力」で陸連批判 わがままか大胆な問題提起か

大迫傑選手のこれまでの発言、発信は?

 「そろそろ陸連(日本陸上競技連盟)を私物化するのはやめた方がいい」。陸上長距離の大迫傑(すぐる)選手(27)による強烈な陸連批判が波紋を広げている。5月の日本選手権1万メートル出場を陸連に断られたのが発端。男子マラソンの日本記録保持者だが1万メートルでは標準記録を超えていない。わがままか。大胆な問題提起か。【小林悠太】

 大迫選手は実業団中心の日本陸上界の枠に収まらないランナーだ。2014年春、実業団の日清食品グループ…

この記事は有料記事です。

残り1085文字(全文1296文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  2. 同級生に一方的恨みか 交友でトラブル 名前使って110番 拳銃強奪
  3. 「古瀬がんばれ!!」五郎丸選手が佐賀工ラグビー部後輩の巡査に励ましメッセージ 交番襲撃
  4. 刺された古瀬巡査、高校時代はラガーマン 佐賀工ウイングで花園出場も 交番襲撃
  5. 大阪の警官襲撃・拳銃強奪 33歳男逮捕 防犯カメラ、8キロ追跡 山中、リュック枕に

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです