メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

30年冬季五輪

招致を目指し、ジャンプ台新設検討 札幌市が大倉山に /北海道

 2030年の冬季五輪・パラリンピックの招致を目指す札幌市が、1972年に札幌冬季五輪の会場となったスキーの大倉山ジャンプ競技場(同市中央区)に、現在あるラージヒルのジャンプ台に加え、新たにノーマルヒルを整備する案を検討していることが25日、市への取材で分かった。

 実現可能と判断すれば、今秋にも公表する五輪の開催概要計画案にも反映させる方針。大会…

この記事は有料記事です。

残り261文字(全文435文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  2. マラソン・競歩会場変更 森会長「やむをえない」 現場の衝撃、費用膨張懸念も

  3. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  4. 東京・立川でイノシシ目撃 昭和記念公園が閉園 台風影響か

  5. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです