メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
ようこそ東北!ホストタウン

ラグビーW杯・東京五輪パラリンピック/1 青森・西目屋 イタリアのカヌー

事前合宿に関する協定書にサインし、握手する西目屋村の関和典村長(左)とダニエレ・モルメンティさん=青森県西目屋村で

人口1400人の村おこし “お坊さん”選手、次世代育成

 「津軽富士」と呼ばれる岩木山と、世界自然遺産の白神山地を望む西目屋村。昨年11月、カヌースラロームのイタリア代表チームがここを東京五輪の事前合宿地にすることを決め、村と協定書を交わした。人口が約1400人と県内で最も少ない村は、カヌー競技を通した村おこしを目指している。

 自然に恵まれた村には、東京五輪を目指して移住してきた“お坊さんアスリート”がいる。村教育委員会の職…

この記事は有料記事です。

残り1379文字(全文1592文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「痴漢防止ハンコ」販売 抑止狙い、シヤチハタが開発

  2. ヒグマ駆除に道外中心批判200件 札幌市対応に苦慮

  3. 「異議あり」が届く国会に

  4. 立花N国党首「3年後、参院議員やめ参院選出馬」 埼玉知事選敗北で

  5. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです