メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
ようこそ東北!ホストタウン

ラグビーW杯・東京五輪パラリンピック/2 弘前 ブラジルのパラリンピック柔道

青森県内の高校生と練習するブラジル視覚障害者柔道チームの選手=青森県弘前市の県武道館で2018年7月21日、弘前市提供

コンデ・コマに恩返し 柔術広めた偉業、継承

 ブラジル障害者スポーツ連盟のサンドロ・ライナ前会長が、東京パラリンピック柔道(視覚障害)での事前合宿について協議する覚書を締結するため、弘前市を訪れたのは2017年1月のことだ。全盲のライナ前会長は、助けも借りながら手探りで書類に署名。締結式後、ブラジルと弘前の橋渡し役となった男の名を挙げた。「弘前での合宿が実現すれば、コンデ・コマに恩返しできる」

 コンデ・コマこと前田光世(1878~1941年)は、船沢村(現弘前市)出身の柔道家だ。柔術を広める…

この記事は有料記事です。

残り1345文字(全文1592文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  3. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  4. 日本 米韓に14年合意の情報共有枠組み再開要請へ GSOMIA失効、影響最小限に

  5. ことば 軍事情報包括保護協定(GSOMIA)

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです