メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
【おわび】各お申し込みフォームが不具合のため停止しています。しばらくお待ちください
ようこそ東北!ホストタウン

ラグビーW杯・東京五輪パラリンピック/1 秋田 フィジー ラグビー熱、再燃願い

あきぎんスタジアムの芝を確かめるフィジー代表のジョン・マッキーHC

市在住の元代表選手尽力

 今秋、日本で初めて開催されるラグビーワールドカップ(W杯)に出場するフィジー代表チームの事前合宿地に選ばれた秋田市。誘致のキーマンは同国のラグビー元代表選手のセタレキ・タワケさん(52)だった。同市で暮らすセタレキさんは約7500キロ離れた母国との縁をつないだ形だが、「秋田を含め東北全体でラグビー人口が増える起爆剤になれば」と願っている。

 3月下旬、秋田市のあきぎんスタジアム。ニュージーランド人でフィジー代表のヘッドコーチ(HC)を務め…

この記事は有料記事です。

残り1466文字(全文1698文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  2. 韓流パラダイム 文大統領が沈黙を続ける 2005年に下した徴用工問題巡る外交判断

  3. 県内最高齢 112歳、内山さんが死去 長崎市 /長崎

  4. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  5. 「和牛」実は交雑種…兵庫の焼肉店 卸元が偽装か、告訴検討

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです