メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

追跡

障害者スポーツ振興尽力 前天皇ご夫妻、64年東京パラに感銘

 皇室は日本のスポーツ界発展に大きな役割を果たしてきた。特に前の天皇、皇后両陛下は障害者スポーツの振興に尽力した。国内では2020年東京五輪・パラリンピックなどの大規模なイベントを控えている。「令和」の皇室はどのようにスポーツと関わるだろうか。【小林悠太、芳賀竜也、浅妻博之】

 福岡県飯塚市で4月28日、車いすテニスの飯塚国際大会が行われた。降りしきる雨の中、男子シングルスで優勝した国枝慎吾選手(35)=ユニクロ=は天皇杯を手に笑顔があふれた。大会会長の前田恵理さん(64)は「この雨は喜びの雨。平成は終わるが、この場面を皆さんの目に焼き付けてほしい。新しい歴史に向かって選手たちも頑張ると思う」と呼びかけた。天皇、皇后両杯が授与された平成最後の大会がパラリンピック競技であったことは象徴的だった。

 スポーツ団体への天皇杯、皇后杯の授与は1946年に始まり、天皇杯は23団体、皇后杯は14団体に贈ら…

この記事は有料記事です。

残り1592文字(全文1992文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中国道でタンクローリーの窓たたき割り強奪し乗り捨て 男逃走
  2. 東京・赤坂の飲食店員暴行「半グレ」上役か 容疑の男を逮捕
  3. 大阪・吹田の拳銃強奪 飯森容疑者の父が関西テレビ常務を退任
  4. これが本当なら「現代の特高」…前川元次官が語る告発ノベル「官邸ポリス」のリアル
  5. 日本はデフレ 消費増税凍結しなければ危機

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです