メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
ようこそ東北!ホストタウン

ラグビーW杯・東京五輪パラリンピック/1 八幡平 ルワンダの自転車など

初出荷するルワンダ産「安代りんどう」を手に記念撮影する岩手県八幡平市の田村正彦市長(前列右から4人目)ら関係者=ルワンダで2018年5月(岩手県八幡平市提供)

リンドウが結んだ縁 畑連なる安比高原コースに誇り

 西に奥羽山脈の山々が連なり、南端に岩手山(標高2038メートル)がそびえる八幡平市。この春、ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ男子で、地元出身の小林陵侑(りょうゆう)選手(22)が日本人初の個人総合優勝を果たし、市民は歓喜に沸いた。

 その八幡平市が2020年東京五輪・パラリンピックのホストタウンとして受け入れるのは、アフリカのルワンダ。出場が有力視される自転車ロードレースとビーチバレー、陸上長距離の選手団21人は今年7月から約1カ月間、事前合宿を予定している。

 ホストタウン事業を担当する市地域振興課課長補佐の東本茂樹さん(48)は今年2月、受け入れ準備のため…

この記事は有料記事です。

残り1243文字(全文1558文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  2. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. 東京パラスペシャルサポーター・香取慎吾さん「できるだけ多くの人、観戦して」

  5. 米国防総省「強い懸念と失望表明」 韓国のGSOMIA破棄で声明

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです