メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
ようこそ東北!ホストタウン

ラグビーW杯・東京五輪パラリンピック 郡山 ハンガリーの水泳

郡山しんきん開成山プールで昨年秋、強化合宿を行ったハンガリー代表水泳チーム

コイ食文化が共通項 交流重ね、安全性と味発信

 「ハンガリーでもコイを食べるらしいよ」。郡山市の品川万里市長が、そんな話を担当者に伝えたのは2015年秋のことだった。市町村別で食用コイの生産量日本一を誇る同市はこの年の春、全国で唯一の鯉(こい)係を園芸畜産振興課に新設したばかり。ブランドイメージの向上や販路拡大を図る鯉係が早速、情報収集に動き始めた。

 同市では明治初期に猪苗代湖から引いた安積疏水(そすい)による開拓が進み、原野が田園地帯に開墾された…

この記事は有料記事です。

残り1489文字(全文1714文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 水質は最悪の「レベル4」 パラトライアスロンW杯スイム中止

  2. サラリーマン川柳 叱っても 褒めても返事は 「ヤバイッス!」

  3. 時代の風 「嫌韓」とは何なのか 国益なきストレス解消=藻谷浩介・日本総合研究所主席研究員

  4. NEWSの窓 国際 日本と韓国 関係悪化、影響広がる

  5. 飛び降りようとした女子中学生、引き留めた男性に感謝状 福岡・宗像

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです