メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サーフィン男子村上、女子は松田が優勝 ジャパンOP 代表に6人選出

サーフィンのワールドゲームズ宮崎大会の代表に選ばれた(右から)大原洋人、村上舜、前田穂乃香、脇田紗良、松田詩野=千葉県一宮町で2019年5月7日、宮武祐希撮影

 9月に開催されるサーフィンのワールドゲームズ(WG)宮崎大会の代表選考を兼ねたジャパンオープンが6、7両日、来年の東京五輪の競技会場である千葉県一宮町の釣ケ崎海岸で行われた。2人で争う決勝で男子は村上舜が17.47点で大橋海人を破り優勝した。女子は16歳の松田詩野が中塩佳那に9.66点で競り勝った…

この記事は有料記事です。

残り99文字(全文249文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で少年を緊急逮捕

  2. 青森・八戸で女児が見知らぬ男に首切られる 防犯カメラに男の姿

  3. 「キャバクラの方」はどこの推薦か 「桜を見る会」野党ヒアリング詳報4

  4. 池袋暴走書類送検 遺族の松永さん「やっとスタートラインに」

  5. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです