メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ようこそ東北!ホストタウン

ラグビーW杯・東京五輪パラリンピック 宮城・加美 チリのパラカヌー

チリパラリンピック委員会との間で事前合宿地の覚書に署名する猪股洋文加美町長(右)=宮城県加美町で

被災地支援の縁生きる 国体レガシーで町づくり

 同じ被災地を支援した自治体と国として、宮城県加美町は南米チリのパラリンピック選手団の事前合宿に特化したホストタウンに決まった。その裏には、2001年国体のレガシー(遺産)を生かして町づくりを、と考えた町長のリーダーシップがあった。

 「チリパラリンピック委員会が宮城県でキャンプをする意向です」。猛暑まっただ中の昨年8月2日、東京・永田町にある内閣官房の東京五輪・パラリンピック推進本部で、加美町長の猪股洋文さん(67)が担当参事官から告げられた時、地球の裏側の国との交流は動き出した。猪股さんは「遠い国だなあ」と驚いた。

 猪股さんが事前合宿誘致に動き出したのは17年春ごろ。町の誇るスポーツ施設は、国体のために作られた鳴…

この記事は有料記事です。

残り1330文字(全文1663文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 金融庁「老後最大3000万円必要」独自試算 WGに4月提示
  2. ピエール瀧被告に判決 懲役1年6月、執行猶予3年 麻薬取締法違反で
  3. 鮮明な写真公開 タンカー攻撃で 米政府 「イラン関与」を改めて主張
  4. 同級生に一方的恨みか 交友でトラブル 名前使って110番 拳銃強奪
  5. 日の出待ち、府警40人が山に 急転直下の逮捕劇 拳銃強奪

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです