メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ともに・2020バリアーゼロ社会へ

障害者の視点、大会運営に ボランティア参加促す 東京五輪・パラ車いすの組織委職員

リオデジャネイロ・パラリンピックの障害者ボランティアを視察した犬島朋子さん=東京都中央区で、芳賀竜也撮影

 2020年東京五輪・パラリンピックでは障害者がボランティアとして参加することが期待されている。大会組織委員会パラリンピック統括チーム係長で車いすで生活する犬島朋子さんは「障害者の視点を運営に生かしたい」と話し、多くの障害者が活躍できる環境整備を目指している。

 犬島さんは東京都の職員だった8年前、自律神経の病気で寝たきりになり、休職した。13年9月に東京大会招致が決定した場面は、ベッドからテレビで見ていたという。東京都が落選した16年夏季五輪招致の際は招致委のメンバーだった犬島さんは、東京大会の開催決定を受けて組織委への出向を志願。仕事に復帰し、1…

この記事は有料記事です。

残り417文字(全文694文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  3. 水浸し、満員、夜の冷え込み…気詰まり避難所 想定外? 準備不足?

  4. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  5. オアシスのとんぼ 文在寅政権に多いと言われる「主体思想派」とは?

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです