メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊パラリンピック

パラスポーツ最前線 戦う集団へ厳格選考 競泳、派遣標準記録を設定

 2020年東京パラリンピックに向け、競技の現状に迫る「パラスポーツ最前線」の2回目は、競泳に焦点を当てた。日本身体障がい者水泳連盟は世界選手権(9月9~15日、ロンドン)の個人種目で優勝した選手を東京大会代表に内定する方針だ。障害の程度に応じたクラス分けの見直しが進む中、代表争いが注目される。【芳賀竜也】

 東京パラリンピックの競泳は男子76種目、女子67種目、混合3種目の計146種目で争われる。パラリン…

この記事は有料記事です。

残り1644文字(全文1848文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. どうぶつ 落ちたヒナを拾わないで
  2. 「スリムクラブ」真栄田さんと内間さんを無期限謹慎処分 吉本興業、暴力団関係者パーティー出席で
  3. 「ナイトスクープおもんない!」 元探偵・小枝が批判 “現役”真栄田「番組に依頼しては」(スポニチ)
  4. 「闇営業」問題 吉本興業が宮迫博之さん、田村亮さんら11人を謹慎処分に
  5. ブラジル大統領G20随行員 コカイン39キロ所持で拘束

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです