メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊パラリンピック

パラスポーツ最前線 戦う集団へ厳格選考 競泳、派遣標準記録を設定

 2020年東京パラリンピックに向け、競技の現状に迫る「パラスポーツ最前線」の2回目は、競泳に焦点を当てた。日本身体障がい者水泳連盟は世界選手権(9月9~15日、ロンドン)の個人種目で優勝した選手を東京大会代表に内定する方針だ。障害の程度に応じたクラス分けの見直しが進む中、代表争いが注目される。【芳賀竜也】

 東京パラリンピックの競泳は男子76種目、女子67種目、混合3種目の計146種目で争われる。パラリン…

この記事は有料記事です。

残り1644文字(全文1848文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 神羅万象チョコ 15年の歴史に幕 累計1億2575万個販売 7月に最終弾発売
  2. 屋久島孤立 下山232人のうち25人到着 残留34人の救助始まらず
  3. ORICON NEWS 『名探偵ピカチュウ』米興行、予想を上回る好成績 「ゲーム原作映画はヒットしない」定説を覆す?
  4. WEB CARTOP [譲らないのも道交法違反]後ろから速いクルマが迫ってきたときはどうする?
  5. 屋久島豪雨「命の危険感じた」 車中で一夜、下山の男性

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです