メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊パラリンピック

パラスポーツからの贈りもの 常に結果求めて=越智貴雄

 4月28日に行われたロンドン・マラソン。男子エリートの部では、世界記録保持者のエリウド・キプチョゲ(ケニア)が2時間2分37秒の好タイムで優勝したが、パラ陸上の部では日本勢が大活躍。車いすと視覚障害に出場した日本の男女3選手が、4位以内に与えられる2020年東京パラリンピックの出場国枠を獲得した。

 視覚障害の女子マラソンでは道下美里(三井住友海上)が大会3連覇を成し遂げた。フィニッシュ後の涙が印象的だった。

 車いすの男子マラソンでは、世界のトップアスリートが集結する中、3位に入った24歳の鈴木朋樹(トヨタ…

この記事は有料記事です。

残り412文字(全文668文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 深田恭子 「ルパンの娘」“泥棒スーツ”姿披露 瀬戸康史らと決めポーズ サカナクションが主題歌
  2. 堺市長選で選挙違反 元市議らを書類送検 法定外文書を1万枚配布疑い
  3. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警
  4. 「闇営業」問題 吉本興業が宮迫博之さん、田村亮さんら11人を謹慎処分に
  5. 梶裕貴さんと竹達彩奈さんによる結婚発表メッセージ全文

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです