メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊パラリンピック

パラスポーツからの贈りもの 常に結果求めて=越智貴雄

 4月28日に行われたロンドン・マラソン。男子エリートの部では、世界記録保持者のエリウド・キプチョゲ(ケニア)が2時間2分37秒の好タイムで優勝したが、パラ陸上の部では日本勢が大活躍。車いすと視覚障害に出場した日本の男女3選手が、4位以内に与えられる2020年東京パラリンピックの出場国枠を獲得した。

 視覚障害の女子マラソンでは道下美里(三井住友海上)が大会3連覇を成し遂げた。フィニッシュ後の涙が印象的だった。

 車いすの男子マラソンでは、世界のトップアスリートが集結する中、3位に入った24歳の鈴木朋樹(トヨタ…

この記事は有料記事です。

残り412文字(全文668文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  2. マスク着用や消毒を徹底 水害後の感染症に警戒を

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  5. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです