メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ようこそ東北!ホストタウン

ラグビーW杯・東京五輪パラリンピック/5 山形・長井 タンザニア 息の長い交流結実

陸上教室でジョギングをするタンザニア選手団と参加者ら=山形県長井市で

マラソン名選手も推進役に

 昨年10月、山形県長井市で開かれた長井マラソン大会の前日、往年の名ランナー、瀬古利彦さん(62)とタンザニアのジュマ・イカンガーさん(61)の対談が実現した。男子マラソンのライバル同士が繰り広げた名勝負に、フィニッシュ直前に瀬古さんが前に出て優勝した1983年の福岡国際マラソンがある。その同じ年、一人の女性がタンザニアから長井市にやってきたことは、2020年の東京五輪・パラリンピックで同市がタンザニアのホストタウンに登録され、交流を深める今につながっている。

 83年冬、タンザニア出身のルルさん(56)が、長井市に嫁いできた。国際協力機構(JICA)の青年海…

この記事は有料記事です。

残り1262文字(全文1556文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  2. マスク着用や消毒を徹底 水害後の感染症に警戒を

  3. 千曲川決壊、過去最大の水量による水圧 越水も重なる 台風19号

  4. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  5. おげんさんといっしょ 「#おげんさん」再び世界トレンド1位に 第3弾もSNS大盛り上がり

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです