メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ようこそ東北!ホストタウン

ラグビーW杯・東京五輪パラリンピック/11 盛岡 カナダの水球と7人制ラグビー

盛岡市内の保育園児たちと応援フラッグを作るカナダ水球男子の選手たち=岩手県盛岡市のくりやがわ保育園で(岩手県盛岡市提供)

新渡戸の思い、時を超え 姉妹都市、市民レベルで交流深め

 英文で「武士道」を著し、国際連盟事務次長も務めた新渡戸稲造(1862~1933年)の出身地・盛岡。新渡戸が客死したカナダのビクトリア市とは1985年に姉妹都市の盟約を交わし、市民レベルの交流を深めてきた。「願わくは われ太平洋の橋とならん」--。その言葉を残した新渡戸の思いは、時を超えて友好の懸け橋となっている。

 そのカナダとの長い交流の歴史から、盛岡市は2016年12月、岩手県内で初めて20年東京五輪・パラリ…

この記事は有料記事です。

残り1125文字(全文1360文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 神羅万象チョコ 15年の歴史に幕 累計1億2575万個販売 7月に最終弾発売
  2. ORICON NEWS 『名探偵ピカチュウ』米興行、予想を上回る好成績 「ゲーム原作映画はヒットしない」定説を覆す?
  3. 屋久島孤立 下山232人のうち25人到着 残留34人の救助始まらず
  4. WEB CARTOP [譲らないのも道交法違反]後ろから速いクルマが迫ってきたときはどうする?
  5. 「自分の息子信じたい」被告の両親通報せず 妹は通報提案 野田・女児虐待死

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです