メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

復興願い聖火台リレー 岩手、福島巡り新国立へ

石巻市から岩手県に移すためクレーンを使って取り外された1964年東京五輪の聖火台=宮城県石巻市の市総合運動公園で2019年5月14日午前9時40分、和田大典撮影

 「東日本大震災からの復興のシンボルに」との願いを込め、被災地の宮城県石巻市に4年近く展示されてきた、1964年の東京五輪で使われた聖火台が14日、貸与期間を終えて取り外された。聖火台は15日に盛岡市に移設され、その後、岩手県沿岸部や福島県などの被災地を巡回し、来年3月以降に、東京都の新国立競技場敷地内に設置される予定だ。【百武信幸】

 聖火台は設置されていた旧国立競技場の建て替えに伴い、管理する日本スポーツ振興センターが石巻市に貸与…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 神羅万象チョコ 15年の歴史に幕 累計1億2575万個販売 7月に最終弾発売
  2. 屋久島孤立 下山232人のうち25人到着 残留34人の救助始まらず
  3. ORICON NEWS 『名探偵ピカチュウ』米興行、予想を上回る好成績 「ゲーム原作映画はヒットしない」定説を覆す?
  4. WEB CARTOP [譲らないのも道交法違反]後ろから速いクルマが迫ってきたときはどうする?
  5. 屋久島豪雨「命の危険感じた」 車中で一夜、下山の男性

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです