メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

地域住民と海外選手らが交流するホストタウンハウス設置へ 東京五輪・パラ

武蔵野大有明キャンパス=山崎征克撮影

 2020年東京五輪・パラリンピックで地域住民と海外選手らが交流するホストタウン事業の拠点として、企業や大学による実行委員会は15日、大会期間中に「ホストタウン・ハウス」を武蔵野大有明キャンパス(東京都江東区)に設置すると発表した。

 ホストタウンは政府が推進して16年にスタート。全国で390自治体が登録し、126カ国・地…

この記事は有料記事です。

残り242文字(全文403文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  2. マスク着用や消毒を徹底 水害後の感染症に警戒を

  3. 千曲川決壊、過去最大の水量による水圧 越水も重なる 台風19号

  4. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  5. おげんさんといっしょ 「#おげんさん」再び世界トレンド1位に 第3弾もSNS大盛り上がり

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです