メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スポーツ界の拠点として半世紀 東京・渋谷の岸記念体育会館8月取り壊し 孫は万感の思い

岸清一氏の思いを受け継ぐ孫の健二さん=東京都内で2019年5月15日午前9時36分、倉沢仁志撮影

 日本スポーツ界の総本山と称される岸記念体育会館(東京都渋谷区)が約半世紀の歴史に幕を下ろす。老朽化に伴い取り壊されることが決定し、新会館が16日に東京都新宿区で完工する。スポーツ界の礎を築いてきた拠点との別れに関係者は胸を熱くしている。【倉沢仁志】

 岸記念体育会館は「近代スポーツの父」と呼ばれる日本スポーツ協会(大日本体育協会)第2代会長の岸清一(1867~1933年)の寄付で41年に東京・神田駿河台に設立され、東京五輪直前の64年7月に現在の場所に移転された。鉄筋コンクリート造り地下3階、地上5階建て延べ約1万2000平方メートルで、日本スポーツ協会や日本オリンピック委員会(JOC)のほか、約40の競技団体が事務局を置いている。

老朽化のため、取り壊されることになった岸記念体育会館。日本スポーツ界を巡る数々のドラマが生まれた=東京都渋谷区で2019年5月15日、田原和宏撮影

 耐震性が案じられ、2016年に移転計画が発表された。各団体が新会館に移ると、8月には取り壊され、五輪・パラリンピック期間中は大会用駐車場として使用される。その後は東京都が公園として整備する予定だ。

 寂しさを募らせているのは、清一の孫で東京都在住の岸健二さん(69)だ。健二さんが生まれた時、既に清一は他界していたが、清一のスポーツに懸けた情熱は亡き父偉一さんから、よく聞いたという。「祖父は弁護士で英語を話せた。交渉力があり、資金調達にもたけ、嘉納治五郎さんから引き継いだ協会を財政面などで立て直したと聞いている」と思いを巡らせた。

岸清一=日本スポーツ協会提供

 新会館の名称は「ジャパン・スポーツ・オリンピック・スクエア」となり、「岸」の名は消える。だが健二さんは「ここまで皆さんで岸の名前を残し、顕彰してきてくれたことには頭が下がる思い。岸家として、スポーツ界と共に、慶応、明治、大正、昭和、平成、令和と生きてきた。バトンタッチじゃないですかね」としみじみと語った。玄関前にあった清一の胸像は新会館に移され、建物内に功績年表などを展示する「岸清一メモリアルルーム」も設けられる。

新国立競技場(奥)近くに建設された新会館「ジャパン・スポーツ・オリンピック・スクエア」(中央)=東京都新宿区で2019年5月15日、田原和宏撮影

 また岸記念体育会館の一室で繰り広げられた39年前のドラマを思い起こすのは、日本レスリング協会専務理事の高田裕司氏(65)だ。JOCが80年モスクワ五輪のボイコットを決めたのは地下3階の会議室だった。東西冷戦下、ソ連のアフガニスタン侵攻に反対する米国が西側諸国にボイコットを呼び掛け、JOCに政府の圧力がかかった。76年モントリオール五輪で金メダルを獲得し、連覇を狙っていた高田氏は80年4月、選手としてJOCのコーチ団会議に出席し「五輪のために毎日毎日練習して、これで出なかったら、何のためにやってきたのか」と涙ながらに訴えた。

 高田氏は「あの時は『何てばかなことを』と思い、わずかな希望をかけ、思ったことを口にするうちに涙があふれてきた」と記憶をたどり、「ここでいろんなことがあった。まあ、新しい時代のスタートだ」と語った。

岸記念体育会館とジャパン・スポーツ・オリンピック・スクエアの場所

 新会館は地上14階、地下1階建てで、中に入る競技団体は60以上に増える。落成式は16日に行われる。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS Hey! Say! JUMP、全国ツアー開催を見送り 一部ファンの迷惑行為の影響
  2. 「佐賀、北朝鮮のよう」自民・谷川議員が長崎新幹線めぐり発言
  3. 令和初 春の褒章670人に
  4. 神羅万象チョコ 15年の歴史に幕 累計1億2575万個販売 7月に最終弾発売
  5. いだてん 孝蔵役の森山未來が金原亭馬生と古今亭志ん朝も演じ分け 語り含め1人4役に視聴者衝撃

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです