メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪・パラリンピック

宇宙からガンダム応援

記者会見で笑顔を見せる(左から)宇宙飛行士の金井宣茂さん、東京五輪・パラリンピック大会組織委員会の室伏広治スポーツディレクター、富野由悠季さん、東大大学院工学系研究科の中須賀真一教授=東京都千代田区で15日、佐々木順一撮影

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は15日、アニメ「機動戦士ガンダム」の模型が宇宙空間から大会を応援する企画を発表した。宇宙航空研究開発機構(JAXA)と東京大などと連携して計画を進める。

 宇宙に送る模型は、「ガンダム」と「シャア専用ザク」の2体でいずれも高さ10センチ程度。玩具メーカーの協力で宇宙の過酷な環境に耐えられる特殊な樹脂で製作される。東大が開発する…

この記事は有料記事です。

残り282文字(全文469文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

  3. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  4. 水浸し、満員、夜の冷え込み…気詰まり避難所 想定外? 準備不足?

  5. 津波来たらトラも逃げて 高知の動物園、高さ3メートル以上に避難棚設置

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです