メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「安全バトン」でリベンジ 男子400リレーV「世界」へ自信

男子400メートルリレーで最終走者の桐生祥秀(右手前)にバトンを渡し、叫ぶ第3走者の小池祐貴=大阪市のヤンマースタジアム長居で2019年5月19日、久保玲撮影

 陸上のセイコー・ゴールデングランプリ大阪は19日、大阪市のヤンマースタジアム長居で行われ、男子400メートルリレーで、日本は38秒00で2連覇を果たした。

 世界リレーのバトンミスからわずか8日。同じ走順で臨んだ日本が史上4番目の好記録を出して自信を取り戻した。

 世界リレーで「お手玉」によりバトンがつながらなかった第3走者・小池と第4走者・桐生は、「安全バトン」として桐生が手を出したの…

この記事は有料記事です。

残り291文字(全文485文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米朝首脳「そっくりさん」大阪入り 「サミット成功願うよ」
  2. 埼玉県に9200万円賠償命令 訓練中の機動隊員溺死
  3. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  4. トヨタ「シエンタ」13万台リコール アクアなど6車種も エンジン防水不備で
  5. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです