メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪・パラリンピック

IOC責任者、首都高値上げ「慎重に」 渋滞対策、代替案検討を

ジョン・コーツ委員長=内藤絵美撮影

 2020年東京五輪・パラリンピックの準備状況を監督する国際オリンピック委員会(IOC)調整委員会のジョン・コーツ委員長は22日、東京都内で毎日新聞の取材に応じ、国や東京都などが渋滞対策として検討している首都高速道路の料金上乗せについて慎重な協議を求めた。渋滞対策の推移を見守る姿勢を示した上で「料金上乗せ以外の方法もある。国民の意見を考慮した上で慎重に議論を進めてほしい」と述べた。上乗せ額は現在、1000円を軸に協議されている。

 首都高は選手や関係者の移動に使われるため混雑が予想される。国や東京都、大会組織委員会は大会中、中央…

この記事は有料記事です。

残り557文字(全文823文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「名古屋走り」不起訴から一転起訴

  2. 常勝ホークス作った王さん 「俺は本当に悔しい」深夜の激白から19年目の雪辱

  3. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  4. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

  5. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです