メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

五輪ボクシング存続で喜ぶ関係者 異例の「IOC運営体制」混乱も

Thomas Bach, President of the International Olympic Committee (IOC) attends a news conference after an Executive Board meeting in Lausanne, Switzerland, May 22, 2019. REUTERS/Denis Balibouse

 東京五輪でボクシングの存続方針が決まったことを受け、五輪出場を目指す選手や競技団体関係者から安堵(あんど)の声が相次いだ。しかし、統括競技団体ではないIOCが準備などを行う異例の事態となり、大会運営などを含めて混乱が予想される。

 プロボクシングの世界4団体ミニマム級元王者で、東京五輪出場を目指す高山勝成選手(36)=名古屋産大=は23日、大阪市内で記者会見し、「五輪で実施する方針と聞いてテンションが上がった。改めて、やってやるぞという気持ちになった。新たな組織には公正、公平なジャッジを望む」と期待を込めた。

 日本ボクシング連盟の内田貞信会長らも東京都内で記者会見し、「率直にうれしい。世界のボクシングファン…

この記事は有料記事です。

残り543文字(全文850文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米朝首脳「そっくりさん」大阪入り 「サミット成功願うよ」
  2. 埼玉県に9200万円賠償命令 訓練中の機動隊員溺死
  3. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  4. トヨタ「シエンタ」13万台リコール アクアなど6車種も エンジン防水不備で
  5. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです