メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京パラリンピック

銚子の渡辺紫帆さん、出場に意欲 市長訪問 /千葉

渡辺紫帆さん

 2012年ロンドン・パラリンピックの陸上競技に出場した銚子市在住の渡辺紫帆(しほ)さん(29)が28日、同市役所を訪れ、来年の東京パラリンピックに向けた意気込みを越川信一市長に語った。渡辺さんは陸上女子走り幅跳び(視覚障害=全盲・弱視)への出場を目指している。

 渡辺さんは、先天性の視力障害があり、光の感覚はあるが全盲に近く、F11クラスの選手として活躍している。小中学生の時は健常者の陸上大会に出場していたが、障害が重くなり、高校を中退した。20歳で県立…

この記事は有料記事です。

残り344文字(全文573文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 人気ブランド店「Supreme」で窃盗 衣類など数百万円被害 大阪

  2. 女の気持ち いじめ 東京都町田市・匿名希望(団体役員・66歳)

  3. 桜を見る会 官僚「のらりくらり答弁」の背後に何があるのか

  4. 注目裁判・話題の会見 細いながらもつながっていた父と子…ある出来事が引き金に 長男刺殺の元農水次官、16日午後判決

  5. 弘前藩が「秘薬」アヘンを製造 「気分良くなる」と評判、偽薬も流通

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです