メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Moment・新しい潮流

/4 即興1対1 ブレークダンス

半井重幸=竹内紀臣撮影

技と創造性を採点

 アップテンポな音楽に乗り、軽快なステップから流れるような動きで床に手をつく。次の瞬間、体操のあん馬の動きのように勢いよく足を回転させ、大きな歓声を浴びた。

 広島市で先月開かれた都市型スポーツの祭典「FISE(フィセ)」で、ブレークダンスを制したのは、昨年10月のユース五輪銅メダリストの「Shigekix(シゲキックス)」こと半井(なからい)重幸(しげゆき)(17)=大阪学芸高3年=だ。2024年パリ五輪の追加競技候補となって注目が高まり「初めて見に来てくれたと思われる、お客さんたちの反応もすごくよかった」と声を弾ませた。

 ブレークダンスは1970年代に米ニューヨークで生まれたストリートダンスの一種。ギャングが抗争を暴力…

この記事は有料記事です。

残り606文字(全文928文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風19号 「公邸待機」の安倍首相批判を問う

  2. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  3. 北海道警ヤジ排除「法的根拠なく違法逮捕」元道警方面本部長・原田氏 発生3カ月 

  4. ORICON NEWS 令和初の高校サッカー応援歌は史上初づくし デビュー前の現役高1生・三阪咲を抜てき

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです