メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

東京パラ向け、障害者舞台へ

生き生きとした表情で、演奏やダンスを披露する障害者ら=ブリティッシュ・カウンシル提供

 音楽を通して障害者の潜在的能力を引き出そうとする官民の取り組みが始まっている。音楽のプロが、障害者との接し方や潜在能力の引き出し方について研修を受けたうえで助言し、彼らがひのき舞台に立つのを後押ししているのが特徴だ。来年の東京パラリンピックに向けて、この動きはさらに加速しそうだ。

 ●音楽で感性表現

 今年3月、オーケストラの楽団員らプロの音楽家、ダンサー、身体・知的障害者ら約20人が、川崎市幸区の複合施設「ミューザ川崎」に集まった。

この記事は有料記事です。

残り1200文字(全文1418文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 交番で警官刺され拳銃奪われる 男が逃走 大阪・吹田市
  2. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 
  3. 札幌女児衰弱死 猫13匹を母親宅で保護 交際相手宅でも8匹 ガリガリに痩せ数匹治療中 保護団体
  4. 暴言 女性教諭、児童に「ぶち殺す」 「アホ」「バカ」も
  5. 札幌・死亡の2歳女児、やせ細り濃いあざ 「ママー」の泣き声も 児相「48時間ルール」守らず

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです