メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

eye

五輪とその時代 1952年 ヘルシンキ 戦後初の参加 9個の「勲章」

レスリング・フリースタイル・バンタム級で金メダルを獲得し表彰台に上った石井庄八選手=7月

 日本が戦後初めて五輪に参加したのは、1952(昭和27)年の第15回ヘルシンキ大会(7月19日~8月3日)で、36年ベルリン大会以来16年ぶりだった。この年日本では「もく星号墜落事故」や「血のメーデー事件」が世間を騒がせ、お茶の間ではテレビの試験放送が始まった。

 この大会には日本から72人の選手が参加、レスリング・フリースタイル・バンタム級の石井庄八選手が唯一の金メダル、他に銀メダル6個、銅メダル2個の計9個のメダルを獲得した。「フジヤマのトビウオ」とメダルが期待された競泳の古橋広之進選手は得意の400メートル自由形…

この記事は有料記事です。

残り393文字(全文655文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小堺一機さん、現金や300万円高級腕時計など窃盗被害 韓国籍の被告再逮捕
  2. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  3. 「撤回まったく考えてない」 韓国と協議せず 経産相 輸出規制強化で
  4. 1人の女性に狙いか 福岡・粕屋死体遺棄事件容疑者 勤務先「まさか」
  5. 日韓 自分の物差しで相手をはかるな 「嫌韓」は危険

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです