メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Moment・新しい潮流

/5 サーフィン 波が勝敗左右

良質な波を求めて生活拠点を移した川合美乃里=千葉県一宮町で2019年5月6日、喜屋武真之介撮影

練習環境探しがカギ

 風向き、潮の満ち引きで刻々と変化する波を相手に勝負を挑む。2020年東京五輪で新たに採用されるサーフィンは良質な波にいかに乗れるかが、勝敗を大きく左右する。その重要さは競技中だけにとどまらない。

 「引っ越すことに決めたから」。3年前、徳島市で暮らしていた東京五輪強化指定選手、川合美乃里(18)の父勇一さん(45)は、妻あすかさん(45)に電話で告げた。日常的に「良質な波」で鍛えられる練習環境を求めた末の決断だった。母と子は戸惑ったが16年5月、後に五輪会場となる千葉県一宮町に家族で移り住んだ。

 川合は中学2年でプロ転向後、関東を中心に大会へ出場してきた。太平洋に臨み、緩やかな弧を描く九十九里…

この記事は有料記事です。

残り785文字(全文1094文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 家も畑も「本当に無くなっちゃった」 「次はすぐ逃げる」 住民ぼうぜん 堤防決壊の千曲川

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです