メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪・パラリンピック

聖火が街にやってくる 857市区町村 「インスタ映え」も意識

ユニホームを発表する(右から)野村忠宏さん、田口亜希さん、石原さとみさん、サンドウィッチマンの富沢たけしさんと伊達みきおさん=東京都港区で1日、佐々木順一撮影

 来年3月にスタートする東京五輪の聖火リレーのルートが1日、発表された。「オールジャパン」の一体感を醸成するため、121日間で全国の約半数の857市区町村を巡る。大会組織委員会は、ランナーが走る市区町村から車や電車などで1時間以内の住民が、全人口に占める割合「人口カバー率」で98%に上るとアピールしている。具体的な道路など詳細な経路は年末までに決める。

 国際オリンピック委員会(IOC)は現在、開催都市の負担や長期化による間延びも考慮し、リレー期間は原…

この記事は有料記事です。

残り567文字(全文794文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  3. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 大会期間中に天然芝全面張り替え 福岡のスタジアム 激しいプレーで想定以上に傷み

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです