メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪

聖火リレー、空前の警備

 来年の東京五輪の聖火リレーのルートが発表された。聖火リレーは世界中の関心を集めるだけに、暴動の標的とされやすい。過去の五輪でも妨害行為が度々起きた。警備を担当する警察当局や各地の自治体は空前の警備態勢を敷くことになる。

 2016年リオデジャネイロ五輪は、経済の低迷や大統領の汚職発覚などで五輪開催に不満を持つ国民によるランナーへの投石や消火器噴射など妨害が頻発した。世界各地を巡った08年北京五輪の聖火リレーでは中国政府のチベット政策への抗議行動が多発し、長野…

この記事は有料記事です。

残り347文字(全文578文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山田太郎票を山本太郎票に 富士宮市選管が集計ミス 職員の思い込みで 静岡
  2. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)
  3. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  4. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  5. ジョンソン前外相が英保守党新党首に 24日に首相就任

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです