メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪・パラリンピック

聖火リレールート 海、山、川の自然PR 来年4月、県内19市町村巡る /高知

東京五輪聖火リレーの高知県内のルート

 2020年東京五輪の聖火リレーのルートが発表され、県内は来年4月20、21日の両日、19市町村を巡ることが決まった。7月1日からは聖火ランナーの一般公募も開始する。詳細なルートは検討中だが、県は「ルートを通じて海、山、川など高知らしい豊かな自然をPRできれば」と意気込んでいる。【郡悠介】

 聖火が高知県に来るのは47都道府県のうち13番目で、香川県から入ってくる。

 1日目は県西部を主に回る。高知市浦戸の坂本龍馬像前を出発し、いの町▽土佐市▽須崎市▽梼原町▽四万十…

この記事は有料記事です。

残り610文字(全文843文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 電車とホームドアの間に巻き込まれ医師死亡 稼働前で線路側に入れる状態 京急・上大岡駅

  2. 余録 鉄道会社が列車の5分遅れを「おわび」し…

  3. 小学生バレーボール体罰 一部の保護者、口止め誓約書を配布 「情報漏らした」と正座させ詰問も

  4. 電車の英語アナウンス、実はあの人…NHK「英語であそぼ」出演

  5. 平手打ちや蹴り 小学女子バレー監督が体罰か 日小連が再調査指示 大分

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです