メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ようこそ東北!ホストタウン

ラグビーW杯・東京五輪パラリンピック/9 山形・村山 ブルガリアの新体操

バラが結んだ縁、花開く 一教員の人脈、きっかけに

 山形県村山市立楯岡中で新体操部の顧問をしていた佐藤悦子さん(58)に思いも寄らぬ要請があったのは、2016年6月のことだ。市職員に電話で「ブルガリアの新体操の現状は」と聞かれた。何度かやりとりする中、その年の8月にブルガリア出身の友人が帰郷するタイミングで会いに行く予定があると伝えると、職員の上司に「市長名の親書をブルガリア新体操連盟会長に渡してほしい」と頼まれた。「市の花」がバラの同市はバラ生産が盛んなブルガリアに注目し、20年東京五輪・パラリンピックの事前キャンプを開きたいとの内容。バラの縁で結ぶため、一人の教員に白羽の矢が立った。

 村山市出身の佐藤さんは中学、高校時代は陸上や卓球、バドミントンなどを経験した。教員を目指して進んだ…

この記事は有料記事です。

残り1284文字(全文1630文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  2. 高齢者事故「娘の死は殺人」 発生3年、母が制度改正訴え活動

  3. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出

  4. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに

  5. 全国最大規模のアリーナ、大阪府が整備へ 万博前の開業目指す

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです