メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪・パラリンピック

爆破テロ対応訓練 相模原・ロードレース会場 /神奈川

 2020年東京五輪・パラリンピックの自転車ロードレース会場となる相模原市緑区青根の国道413号(通称・道志みち)で、テロ対応訓練があった。津久井署、同市消防局などが中心となり、山梨県警大月・上野原両署、川崎市消防局なども参加した。約50人の救急隊員らが、警察と消防の連携や事故発生時の情報伝達、救助活動、緊急配備など本番を想定し、緊迫した実動訓練が行われた。

 訓練には自転車愛好グループのメンバーが協力した。横山トンネル近くで起きた爆破テロで外国人を含む走行…

この記事は有料記事です。

残り238文字(全文468文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍首相、名簿のシュレッダー処理「担当は障害者雇用の職員」と答弁 批判相次ぐ

  2. 未消化の有給休暇、どうか成仏して…大阪で「供養」イベント

  3. 反社会的勢力、第1次安倍政権で「定義」 今回は「その時々で変化」 ネットで疑問の声噴出

  4. 訪日外国人「2030年に6000万人」の“リスク”

  5. 「反社会的勢力、定義するのは困難」答弁書閣議決定 「桜を見る会」巡る質問主意書に

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです