メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪・パラリンピック

首都高「夜間半額」 期間中、日中は1000円上げ 国・都が案

 来年の東京五輪・パラリンピック期間中の渋滞緩和策として、政府や東京都などは首都高速道路の夜間の利用料金を半額とする案をまとめた。混雑が予想される日中は料金を上乗せし、夜間へ誘導する狙い。新国立競技場(新宿区)で開会式と閉会式がある日は、早朝から夜間まで大会関係車両に利用を限定し、封鎖状態とする。

 案によると、半額とするのは、期間中の午前0~4時で、神奈川、千葉、埼玉3県も含めた首都高速道路全線で全車両を対象とする。一方、料金の上乗せは午前6時~午後10時で中央環状線とその内側を中心に行う。マイカーや社用車を対象に1000円上乗せする。残りの時間帯は通常料…

この記事は有料記事です。

残り422文字(全文703文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  2. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. ラグビーW杯観戦後、酔って警備員の顔殴った容疑 電通新聞局長を逮捕 容疑を否認

  5. 即位の儀の恩赦60万人規模に 対象限定「復権」のみ実施

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです