メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サニブラウン 家庭教師で宿題こなす 文武両道快挙 マネジメント学ぶ

陸上の全米大学選手権男子100メートル決勝で、9秒97の日本新記録をマークし、3位の表彰台に上がったサニブラウン・ハキーム=米テキサス州オースティンで7日、隅俊之撮影

 世界が認める大器が日本の100メートルの歴史を鮮やかに塗り替えた。米フロリダ大のサニブラウン・ハキームが7日(日本時間8日)、全米大学選手権決勝で9秒97の日本新記録をマークした。20歳の大学生はスポーツマネジメントに興味を持ち米国へ留学。学問と競技を両立しながら、快記録をたたき出した。

 レース後、サニブラウンは米国での競技生活を、こう語った。「コーチはしっかり話を聞いてくれるし、英語とか言葉のバリアーはないと思う。この環境は日本では体験できない。こういうところでチャレンジしてくる人が増えたらいい」

 2017年春に東京・城西高を卒業し、同年秋からフロリダ大へ。海外の大会への参加手続きで苦労した経験から引退後の選択肢として代理人に興味を持ち、国際的な視野でスポーツマネジメントを学びたかったという。

 陸上で全米トップレベルのフロリダ大はサポートスタッフや分析機器が充実し、高いレベルで刺激を受ける。文武両面で最も良い環境で学べるように、日本では塾に通って英語力を磨いてきた。

 米国の大学には、トップ選手であっても「学生は学業を本分とすべきだ」という考え方が根付いている。100年近い歴史を誇り、全米の学生王者を決める今大会も、成績不振であれば有力選手でも参加できない。サニブラウンも入学当初は「家庭教師のような制度があり、大学のスポーツ選手用の勉強の建物もある。帰ってから宿題も多い」などとこぼしていた。

 しかし、最近は自身のツイッターで英語を使うなど、現地の生活にも慣れてきたようだ。この日の400メートルリレーの表彰式では、チームメートと笑顔で表彰台に上り、大学のマスコットであるワニが口を開ける姿のポーズも取った。取材中にはチームメートで男子ハンマー投げのマクファーランドが飛び入り。がっちりと肩を組みながら「彼は素晴らしいゲーターだ(フロリダ大のチーム名はゲーターズ)」とたたえられるなど、すっかりチームに溶け込んでいる。

 桐生祥秀(よしひで)(日本生命)が17年に日本選手初の9秒台となる9秒98を出した時、サニブラウンは「寝ている間に出していた」と平然と話した。海の向こうで文武両道を貫きながら己を磨き、来年の東京五輪で再び、新たな歴史を刻む。【オースティン隅俊之、新井隆一】

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米朝首脳「そっくりさん」大阪入り 「サミット成功願うよ」
  2. 埼玉県に9200万円賠償命令 訓練中の機動隊員溺死
  3. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  4. トヨタ「シエンタ」13万台リコール アクアなど6車種も エンジン防水不備で
  5. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです