メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「ボルト超え」に現実味 世界が認める逸材 超新星サニブラウン日本新

ボルトとサニブラウンのデータ比較

 「正直、(日本新記録の)実感はない。もうちょっと速く走れたかな。まだタイムは出る」。陸上大国の学生王者を決める男子100メートル決勝。走り終えたサニブラウンは、電光掲示板に目をやった。「9秒97」を確認しても、淡々と表情を変えず、ゆっくりとスタジアムを歩いて引き揚げた。

陸上の全米大学選手権男子100メートル決勝で、9秒97の日本新記録をマークしたサニブラウン・ハキーム=米テキサス州オースティンで7日、隅俊之撮影

 レースは今季世界最高タイの9秒86で優勝したディバイン・オドゥドゥル(ナイジェリア)が好スタート。それでも「焦らずに自分の走りができた」という。188センチの長身を生かした大きなストライド(歩幅)で加速。ただ、後半は持ち前のストライドが伸びすぎた。「課題は分かった。(今月下旬の)日本選手権、世界選手権(9~10月、ドーハ)に備えていければ」と語る。

陸上の全米大学選手権男子100メートル決勝で、9秒97の日本新記録をマークし、コーチと肩を組むサニブラウン・ハキーム(左)=米テキサス州オースティンで7日、隅俊之撮影

 サニブラウンは世界が認める逸材だ。2015年世界ユース選手権200メートルでは「人類最速」のボルトの大会記録を塗り替え、100メートルとの2冠に輝いた。同年は世界選手権200メートルに同種目史上最年少の16歳5カ月で出場し、国際陸上競技連盟の年間表彰で新人賞に該当する「ライジングスター・アワード」に選ばれた。

 17年も世界選手権200メートルでボルトの18歳11カ月を更新し、同種目史上最年少の18歳5カ月で決勝進出を果たし、7位に。9秒台もボルトの21歳に対して20歳で到達し、「ボルト超え」の成長が止まらない。

 来年の東京五輪に向けて期待は高まるが、男子100メートルのファイナリスト(決勝進出者)になれば1932年ロサンゼルス五輪6位の「暁の超特急」、吉岡隆徳以来88年ぶりのことだ。

 ただ、ボルトの世界記録の更新を目指すサニブラウンにとって、日本記録は通過点に過ぎない。「(オドゥドゥルらに敗れ)とりあえず敗北かな。(今秋の)世界選手権で一緒に走る。そこでいい走りができれば」。視線はもっともっと先を向いている。【オースティン隅俊之】

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 交番で警官刺され拳銃奪われる 犯人は逃走 大阪・吹田市
  2. 札幌女児衰弱死 猫13匹を母親宅で保護 交際相手宅でも8匹 ガリガリに痩せ数匹治療中 保護団体
  3. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 
  4. 暴言 女性教諭、児童に「ぶち殺す」 「アホ」「バカ」も
  5. 暴言 支援学級担任が「色気付きやがって」 生徒不登校に

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです