メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サニブラウン進化 スタート安定、米で開花 日本新9秒97

男子100メートル決勝、9秒97で日本新記録を更新したサニブラウン・ハキーム(中央)=米テキサス州オースティンで7日、隅俊之撮影

 東京五輪の星が、日本のスプリント史に新たな一ページを刻んだ。7日(日本時間8日)に米テキサス州オースティンで行われた全米大学選手権で、フロリダ大のサニブラウン・ハキームが男子100メートル決勝に臨み、今季世界6位タイの9秒97(追い風0.8メートル)の日本新記録で3位に入った。自己記録を0秒02更新し、従来の日本記録である桐生祥秀(よしひで)=日本生命=の9秒98(追い風1.8メートル)を塗り替えた。今季世界最高に並ぶ9秒86でテキサス工科大のディバイン・オドゥドゥル(ナイジェリア)が優勝した。

 サニブラウンは男子200メートル決勝では、日本歴代2位の20秒08(追い風0・8メートル)で3位、…

この記事は有料記事です。

残り799文字(全文1100文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  3. ORICON NEWS 急性白血病で闘病中の岡村孝子、インスタで退院を報告 ファンから祝福の声

  4. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  5. アイヌ「先住民否定」日本会議が講演会 札幌市施設で開催へ 抗議相次ぐ

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです