メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊パラリンピック

パラスポーツからの贈りもの 気迫からあふれる魅力=越智貴雄

【左】下半身まひのため、上腕部の力だけで泳ぐ成田真由美【右】練習後は、リラックスした様子でシャワーを浴びていた=写真家・越智貴雄さん撮影

 初めて成田真由美(横浜サクラ)を撮影したのは2000年シドニー・パラリンピック。以来、成田を撮り続け、いつも撮影前日から気持ちが高ぶる。

 競泳で5大会のパラリンピックに出場し、金メダル15、銀メダル3、銅メダル2の功績は素晴らしいが、成田の魅力はそれだけではない。ファインダーをのぞくと縦ライン(競技者としての厚み)だけでなく、横ライン(周りを巻き込む人間的な魅力)が見えるのだ。多くの場合、縦ラインを意識してかっこいい写真を目指して撮る。でも成田の場合、太い縦ラ…

この記事は有料記事です。

残り350文字(全文583文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. どうぶつ 落ちたヒナを拾わないで
  2. 「スリムクラブ」真栄田さんと内間さんを無期限謹慎処分 吉本興業、暴力団関係者パーティー出席で
  3. 「ナイトスクープおもんない!」 元探偵・小枝が批判 “現役”真栄田「番組に依頼しては」(スポニチ)
  4. 「闇営業」問題 吉本興業が宮迫博之さん、田村亮さんら11人を謹慎処分に
  5. ブラジル大統領G20随行員 コカイン39キロ所持で拘束

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです