メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

使用済みプラスチックを再利用 史上初、東京五輪の表彰台に

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は11日、使用済みのプラスチック容器を素材とした表彰台を製作すると発表した。過去の大会は木製が一般的で、プラスチックを再利用するのは初めて。世界的に深刻化するプラスチックごみによる海洋汚染への認識を高めるのが狙い。

 国際オリンピック委員会(IOC)最高位スポンサーのプロクター・アンド・ギャンブル(P&G)グループが提案した事業で、同社が製作に協力する。一般家庭から出るシャンプーなどの使用済み容器を回収して原料とし、アルミ材で補強する。100台作る予定で、容器約150万個相当のプラスチック約45トンが必要となる。同社が回収した海洋プラスチックごみも使う。

 公式エンブレムを考案した野老(ところ)朝雄さんがデザインし、来年6月ごろの完成を予定している。五輪とパラリンピックで使用後は希望する自治体や学校に譲り、表彰用や教材として活用してもらう。

 19日からイオングループの全国2000店舗で容器の回収を始める。対象は衣料用洗剤や柔軟剤、台所用洗剤、ヘアケア製品、消臭芳香剤の容器と詰め替え用製品。同社以外の製品でも構わないがペットボトルは含まれない。【田原和宏】

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「2球で3アウト」無死走者なしで珍事 高校野球で 関係者は「初耳」
  2. 特集ワイド 「れいわ新選組」旗揚げ2カ月、寄付金2億円突破 「ポピュリストで結構」 消費税廃止、野党に亀裂も
  3. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  4. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  5. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです