メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ALL FOR 2020

東京へ ともに歩む

毎日新聞

栄養面で侍ジャパンを支える管理栄養士の大前恵さん=東京都中央区京橋2で2019年5月17日午後4時5分、細谷拓海撮影

Together

侍ジャパンの「食」をサポートする明治 管理栄養士通じて選手の意識改革も

 東京五輪で3大会ぶりに五輪へ復帰する野球で、日本代表「侍ジャパン」を栄養面から支えるのが、プロテインブランド「ザバス」を手掛ける食品メーカー「明治」だ。同社の管理栄養士、大前恵さん(51)は「スポーツ栄養を研究してきた方たちの成果を生かせれば、確実に金メダルに近づける。私たちの使命は(ノウハウを)上手に伝えること」と語る。【細谷拓海】

     大前さんは同社がオフィシャルパートナーとなった2014年から、侍ジャパンを担当している。最初に着手したのは、宿泊先の食事メニューの見直しだった。「エネルギーがとれる、体が作れる、コンディションを整えられるものがそろっていることが基本。エネルギー一つをとるにしても、パンやパスタ、うどんなど、いろいろな選択肢があるようにと考えている」

     食事会場に並ぶのは、ドレッシングなども含めて約80品。宿泊先の担当者らと調整し、「血糖値が気になる」という選手の声に配慮して玄米を常備したり、海外遠征時も食べ慣れたカレーや唐揚げ、ほうれん草のおひたしなどを用意してもらったりと、気を配っている。

    侍ジャパンで体調管理の大切さを学び、2015年はシーズンを通して活躍したヤクルトの山田哲人。打率3割、30本塁打、30盗塁のトリプルスリーも達成した=神宮球場で2015年9月29日、猪飼健史撮影

     栄養面への知識や関心は、個人差がある。雑談を交えながらコミュニケーションを取り、興味を示す選手には丁寧に助言してきた。14年秋に日本代表に初めて選ばれた山田哲人(ヤクルト)もその一人。「最初は、朝食はご飯と納豆だけ、みたいな感じだった」と大前さん。バランスの取れた食事がけがの予防や体作りにつながることを説明すると、翌春の強化試合の時には野菜や乳製品、果物なども食べるようになっていた。そのシーズン、山田は打率3割、30本塁打、30盗塁の「トリプルスリー」を達成。チームの14年ぶりのリーグ制覇に貢献した。

     球場ではベンチ裏にプロテインやエネルギー補給用のゼリーを常備した「プロテインバー」も設置。「普段はとっていなくても、やってみようというところから始まり、習慣化にもつながる」と意識改革を促す。

     大前さんは1999年からプロ野球界に携わってきたが、当時は選手の関心が低かった。サポートを申し出ても「興味がない」などと断られた。侍ジャパンを担当し始めた5年前も、栄養士のいるプロ球団は片手で数えられる程度。選手から「本当に何も分からないんですけど……」と声をかけられることもあった。

    広島の鈴木誠也は侍ジャパンで日々の食事を見つめ直し、毎年安定した成績を残している=東京ドームで2016年11月13日、猪飼健史撮影

     それでも、少しずつ選手の意識は変わってきたと感じている。広島の中心選手、鈴木誠也は16年に侍ジャパンのトップチームに初選出された当初は、栄養面を特に意識していなかった。だが、侍ジャパンのメンバーで、体調管理の意識が高かった同学年の大谷翔平(米大リーグ・エンゼルス)に触発され、「勉強させてください」と大前さんに申し出たという。

     広島に戻った後も、食事の写真とともに「これでいいですか」「この弁当を買いました」などとメッセージを送る鈴木に対し、大前さんは「何が足りないと思う?」などと問いかけながらアドバイスを送った。鈴木は今では、「卵を三つにしました」などと宿泊先の食事にアレンジを加え、考えながら食事をとっている。大前さんは「侍ジャパンで集うことで選手は刺激し合い、チームでも継続している」と歓迎している。

     意識改革に成功した大前さんにも、苦い教訓はある。日本が準決勝で敗れた17年ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)。重圧もあって体重が3キロほど減った選手がいたことを、大会後に知った。「ちゃんと体重があったら、最低限持っている力を出せたのかな」。自国開催の五輪では重圧が増すだけに、体調管理は大きなポイントだ。

     「食べるべきものをとり、水分補給もきっちりすることが大切」と大前さん。侍たちが金色の勲章を手にする日を夢見て、トレーナーや医師とも連携しながら支えていく。

    細谷拓海

    毎日新聞東京本社運動部。1983年、神奈川県生まれ。2006年入社。京都支局、出雲駐在、大阪運動部を経て、16年から現職場で野球やソフトボールを担当。高校時代は硬式テニス部。セーリングの非五輪種目・トッパー級の全日本選手権で99年10位、02年8位となったこともあるが、誰でも出場できる初心者に優しい大会で、腕前は……?