メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

防空監視哨から五輪マークの茶わん 1940年「幻の東京五輪」記念か 愛媛

三机防空監視哨の遺構で見つかった茶わん。大人用とみられる=愛媛県伊方町二見で2019年6月6日、松倉展人撮影

 桜の花柄に五輪マークが描かれた茶わんが四国最西端の愛媛・佐田岬半島にある戦時中の「三机(みつくえ)防空監視哨(しょう)」(伊方町三机)の遺構から見つかった。戦局の悪化で日本が開催を返上した1940(昭和15)年の「幻の東京五輪」を記念して生産された可能性が大きいものの、産地や生産年は不明。発見した市民グループのメンバーは同じような例などの情報提供を呼びかけている。

 発見したのは、佐田岬半島の自然や文化、民俗などを見つけ、考えるグループ「佐田岬みつけ隊」事務局を担…

この記事は有料記事です。

残り1008文字(全文1242文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. SMAP元メンバー出演に圧力か ジャニーズ事務所を注意 公取委
  2. ジャニーズ「圧力の事実はないが当局の調査は重く受け止める」 HPでコメント発表
  3. 民放テレビ局幹部 ジャニーズ事務所から「圧力ないが過剰にそんたくはあったかも」
  4. 「吾郎ちゃんら元SMAP3人、なぜテレビに出ないの?」に公取委が判断 ジャニーズに注意
  5. 新しい地図 ファンの笑顔と共に 3人で描く

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです