メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

伊調、決勝進出もヒヤリ 「修正したい」と首をひねる レスリング全日本選抜 女子57キロ級

女子57キロ級準決勝、南條早映(左)のタックルをかわし反撃する伊調馨=東京・駒沢体育館で2019年6月15日、徳野仁子撮影

 全日本と選抜の連続優勝で内定する世界選手権代表に王手をかけた伊調だがヒヤリとする接戦の連続だった。「反省するところが多かった。修正したい」と首をひねった。

 世界ジュニア選手権優勝経験もある南條早映(至学館大)との準決勝は、終了1分前にタックルに入られ1―3でリードを許した。直後に返し技で同点とし、追いついた側の勝利となるルールに救われたが「もう少し前半勝負にしていかないと駄目かな」…

この記事は有料記事です。

残り291文字(全文484文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  2. 中村哲医師殺害 政府、襲撃情報を把握 中村医師も警戒 アフガン

  3. 「悔しくて仕方ない」「一緒に仕事、人生の宝」中村哲さん銃撃死 今も慕う人びと

  4. 「憲法9条なくては日本でない」 「豊かさの考え変えないと」 中村哲さんの言葉

  5. 「アフガニスタンは、真の英雄を失った」 カブールなどで中村哲さん追悼集会

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです