メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

五輪◎登坂 引退示唆、五輪遠のき涙「少し休んで考えたい」(スポニチ)

女子50キロ級決勝で、登坂絵莉(奥)を攻める須崎優衣=東京・駒沢体育館で2019年6月16日、徳野仁子撮影

[PR]

 レスリング全日本選抜選手権最終日(16日、東京・駒沢体育館)、登坂は全日本合宿の練習でも圧倒されていた須崎に何もできない完敗。世界選手権を逃して東京五輪も厳しくなり、「実力だと思う」と涙を流した。

 リオ五輪前から痛めていた左足を17年末に手術。しかし、「思ったように良くならなかった。人生で一番つらい3年間。もう辞めたいと思うことばかりだった」と声をつまらせた。「この負けが良かったと思える日は来ないと思う」と引退も示唆し、「少し休んで考えたい」とつぶやいた。(スポニチ)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  3. 人生は夕方から楽しくなる 政治ジャーナリスト・田崎史郎さん 「地獄」見たからこそ、分かることがある

  4. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

  5. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです