メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

五輪◎登坂 引退示唆、五輪遠のき涙「少し休んで考えたい」(スポニチ)

女子50キロ級決勝で、登坂絵莉(奥)を攻める須崎優衣=東京・駒沢体育館で2019年6月16日、徳野仁子撮影

[PR]

 レスリング全日本選抜選手権最終日(16日、東京・駒沢体育館)、登坂は全日本合宿の練習でも圧倒されていた須崎に何もできない完敗。世界選手権を逃して東京五輪も厳しくなり、「実力だと思う」と涙を流した。

 リオ五輪前から痛めていた左足を17年末に手術。しかし、「思ったように良くならなかった。人生で一番つらい3年間。もう辞めたいと思うことばかりだった」と声をつまらせた。「この負けが良かったと思える日は来ないと思う」と引退も示唆し、「少し休んで考えたい」とつぶやいた。(スポニチ)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  2. やまぬ安倍首相のヤジ 今年だけで不規則発言20回超「民主主義の危機」

  3. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  4. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  5. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです